相続 時効/アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)

遺言作成の注意点/相続 時効

  1. アーチ日本橋法律事務所TOP >
  2. 相続 時効
相続 時効に関する基礎知識記事や事例

相続 時効に関する記事は一時的に表示しておりません。
相続 または 時効に関する記事を表示しております。

相続 または 時効に関する基礎知識記事や事例
  • 遺言作成の注意点遺言作成の注意点

    自筆証書遺言や秘密証書遺言など自分ひとりで遺言内容を作成できる遺言書を遺すときには、遺留分に注意が必要です。遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることのできる相続分のことで、相続欠格などがない限...

  • 相続人の優先順位とは

    相続が始まると、被相続人の周りの人達は相続を受ける権利を有します。ただ、具体的に誰がどの程度の財産を取得できるのか、いわゆる順位図を把握している人は少ないと思います。 その点について、民法にはこ...

  • 相続の限定承認相続の限定承認

    「限定承認」とは、「単純承認」や「相続放棄」と同じような相続をする際の選択方法のひとつです。「単純承認」ではプラスの相続財産もマイナスの相続財産もすべて相続をし、「相続放棄」ではプラスの相続財産...

  • 遺贈とは遺贈とは

    遺贈とは、遺言にもとづいて行なわれる財産の移転のことです。遺贈を受ける人は法定相続人である必要はなく、遺言者が財産を遺贈したいと考える個人はもちろん、法人にも財産を与えることが可能です。また、遺...

  • 遺産相続の期限とは遺産相続の期限とは

    遺産相続にはいくつかの期限が存在します。最も早い期限が、単純承認・相続放棄・限定承認を選ぶ期限で、相続の開始を知ったとき(通常は、被相続人が亡くなったとき)から3か月以内に行なう必要があります。...

  • 遺言書の検認遺言書の検認

    遺言書の検認は、自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見したときに必要な手続きです。遺言書は遺言者の最期の意思表示として、誰に何を遺贈・相続するのかを決めたり、子に認知を行なったりする重要な書類となるた...

  • 遺留分・遺留分減殺請求とは遺留分・遺留分減殺請求とは

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることができる相続分のことで、民法で法定相続分よりも割合の低い相続分が定められています。遺留分を侵害された時には、遺留分の請求をすることができ、これを「遺留分...

  • 相続税評価額とは相続税評価額とは

    相続が始まると、遺産分割協議や相続登記などの法律手続きの他に、相続税申告などの税務手続きも行う必要があります。 税務申告を行うとなれば、相続人が受け取った財産の相続を算定する必要があり、そのた...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、プラスの財産もマイナスの財産もすべての相続財産の相続権を放棄し、遺産相続しない手続きのことをいいます。例えば、相続人の財産の中に借金や損害賠償債務などがあり、現金や預貯金、株式など...

  • 自筆証書遺言とは自筆証書遺言とは

    自筆証書遺言とは、自分ひとりで作成できる遺言書で、自筆で遺言内容を書き、封印します。公正証書遺言や秘密証書遺言のように公証人役場に行って作成する必要はなく、公証人に支払う手数料や特別な手続きも必...

アーチ日本橋法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることのできる相続分のことで、...

  • 遺言書とは遺言書とは

    遺言書とは、遺言者の人生最後の意思表示で、自分の財産の処分や子の認...

  • 相続譲渡とは相続譲渡とは

    相続譲渡とは、遺産分割協議の前に法定相続人となっている人が自分の相...

  • 相続とは相続とは

    相続とは、ある人が亡くなった際に、亡くなった人の財産を配偶者や子な...

  • 遺留分・遺留分減殺請求とは遺留分・遺留分減殺...

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることができる相続分のことで、...

  • 公正証書遺言とは公正証書遺言とは

    公正証書遺言とは、公証人役場で公証人に依頼して作成する遺言書です。...

  • 法定相続人とは法定相続人とは

    法定相続人とは、民法第887条及び第889条に定められる法律で定め...

  • 遺言の無効確認訴訟遺言の無効確認訴訟

    遺言無効確認訴訟とは、遺言が無効であることを裁判所に確認してもらう...

  • 相続不動産を任意売却相続不動産を任意売却

    住宅ローンの残債期間が残ったままご家族が亡くなった場合、相続人は相...

遺言作成の注意点|相続 時効

ページトップへ