遺贈 相続/アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)

遺言/遺贈 相続

  1. アーチ日本橋法律事務所TOP >
  2. 遺贈 相続
遺贈 相続に関する基礎知識記事や事例
  • 遺言遺言

    遺言には大きく分けて2つの種類があり、普通方式の遺言と特別方式の遺言に分けられます。 普通方式の遺言には「自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言」があり、一般的には普通方式の遺言を作成します。...

  • 相続人の欠格・排除相続人の欠格・排除

    相続欠格とは、相続人としてふさわしくない行動をした人を相続人として認めないことをいいます。相続欠格となる理由である相続欠格事由は民法第891条に定められており、例えば、被相続人を殺害しようとした...

  • 特別受益と寄与分特別受益と寄与分

    相続人のなかに、被相続人から特別に生前贈与を受けたり、遺贈を受けたことがある人がいた場合、相続の際に他の相続人と不公平が生じることがあります。この特別に受けた生前贈与や遺贈のことを「特別受益」と...

  • 相続税とは相続税とは

    相続税は相続時に支払う税金のことをいい、贈与税とは異なります。たまに相続と贈与を同じ意味で用いる方がいらっしゃいますが、法律的には相続と贈与は異なり、亡くなってから発生するものが相続、亡くなる前...

  • 遺言書の検認遺言書の検認

    遺言書の検認は、自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見したときに必要な手続きです。遺言書は遺言者の最期の意思表示として、誰に何を遺贈・相続するのかを決めたり、子に認知を行なったりする重要な書類となるた...

  • 遺贈とは遺贈とは

    遺贈とは、遺言にもとづいて行なわれる財産の移転のことです。遺贈を受ける人は法定相続人である必要はなく、遺言者が財産を遺贈したいと考える個人はもちろん、法人にも財産を与えることが可能です。また、遺...

  • 法定相続分とは法定相続分とは

    法定相続分とは、民法で定められた相続分のことで、被相続人との関係によって相続分が異なります。 例えば、配偶者と相続順位が第一順位の直系卑属が相続を行なう時には、相続財産のうち、配偶者が2分の1、...

  • 遺言作成の注意点遺言作成の注意点

    自筆証書遺言や秘密証書遺言など自分ひとりで遺言内容を作成できる遺言書を遺すときには、遺留分に注意が必要です。遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることのできる相続分のことで、相続欠格などがない限...

アーチ日本橋法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 相続した不動産を売却するときのポイント相続した不動産を売...

    不動産を売却して相続することを「換価分割」といいます。換価分割では...

  • 相続の限定承認相続の限定承認

    「限定承認」とは、「単純承認」や「相続放棄」と同じような相続をする...

  • 寄与分とは寄与分とは

    寄与分とは、被相続人の財産の維持や増加に特別に貢献した相続人に与え...

  • 遺産分割協議とは遺産分割協議とは

    遺産分割協議とは、相続権を持った人たちが全員集まった上で遺産の分割...

  • 遺言書の検認遺言書の検認

    遺言書の検認は、自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見したときに必要な手...

  • 相続人の欠格・排除相続人の欠格・排除

    相続欠格とは、相続人としてふさわしくない行動をした人を相続人として...

  • 法定相続人とは法定相続人とは

    法定相続人とは、民法第887条及び第889条に定められる法律で定め...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割とは、亡くなった人の財産を相続人が分割することをいいます。...

  • 田舎の土地を相続する田舎の土地を相続する

    田舎にある農地を相続した場合には、農地法第3条に基づく許可申請を行...

遺言|遺贈 相続

ページトップへ