相続税の延納制度/アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)

アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)|相続税の延納制度

  1. アーチ日本橋法律事務所TOP >
  2. 相続税とはに関する記事一覧 >
  3. 相続税の延納制度
相続税の延納制度

相続税の納付期限は、申告の期限と同じく、相続の開始を知ったとき(通常は、被相続人が死亡したとき)から10か月以内ですが、それまでに相続税を用意できないときには、相続税の延納制度を利用することができます。相続税の延納制度を利用する場合には、「相続税の納税額が10万円を超えており、納税期限までに金銭で支払うことが難しいこと」、「納税額に相当する担保を提出しており、延納申請書を提出していること」が条件となっており、延納の担保としては、株式や土地、建物などが認められています。延納できる期間は原則として5年となっていますが、不動産が多い場合には最長で20年の延納まで認められています。ただし、延納制度を利用した場合には、利子税が追加で発生するため、その点には注意が必要です。
アーチ日本橋法律事務所では、港区の相続相談室をお探しの方、目黒区の相続相談室をお探しの方、文京区の相続相談室をお探しの方など東京都周辺にお住まいで、遺産相続にお悩みの方のお手伝いを行なわせていただきます。相続トラブル、相続手続き、遺言書の作成など幅広く対応しておりますので、詳細はお気軽に当事務所までご相談ください。

アーチ日本橋法律事務所が提供する基礎知識と事例

相続税の延納制度|アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)

ページトップへ