公正書 遺言/アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)

養子縁組と相続/公正書 遺言

  1. アーチ日本橋法律事務所TOP >
  2. 公正書 遺言
公正書 遺言に関する基礎知識記事や事例

公正書 遺言に関する記事は一時的に表示しておりません。
公正書 または 遺言に関する記事を表示しております。

公正書 または 遺言に関する基礎知識記事や事例
  • 養子縁組と相続養子縁組と相続

    相続の際に養子縁組をして法定相続人を増やすことがあります。これは、主に相続税の基礎控除額を増やす相続税対策として行なわれる方法で、被相続人の孫などを被相続人の子にする養子縁組を行なうことが一般的...

  • 相続の範囲相続の範囲

    相続財産の範囲には、不動産や現金などのプラスの財産だけではなく、借金や損害賠償債務などのマイナスの財産も含まれます。そのため、相続するか否かを検討する際には、プラスの財産のほうが多いのか、マイナ...

  • 相続人の欠格・排除相続人の欠格・排除

    相続欠格とは、相続人としてふさわしくない行動をした人を相続人として認めないことをいいます。相続欠格となる理由である相続欠格事由は民法第891条に定められており、例えば、被相続人を殺害しようとした...

  • 相続の限定承認相続の限定承認

    「限定承認」とは、「単純承認」や「相続放棄」と同じような相続をする際の選択方法のひとつです。「単純承認」ではプラスの相続財産もマイナスの相続財産もすべて相続をし、「相続放棄」ではプラスの相続財産...

  • 兄弟姉妹の遺留分について兄弟姉妹の遺留分について

    遺留分とは兄弟姉妹以外の相続人に認められている最低限度の遺産の取り分をさします。こちらの権利は非常に効力が強いものとなっており、たとえ遺言書であっても侵せない領域です。 しかしながら冒頭でお伝え...

  • 銀行預金|遺産相続銀行預金|遺産相続

    銀行預金の名義変更は、遺産分割協議書の作成などが終わった後の手続きとなります。一般的に、被相続人が亡くなると、金融機関は自社にある被相続人の銀行口座を凍結し、預貯金の引き出しをできないようにしま...

  • みなし相続財産とはみなし相続財産とは

    みなし相続財産とは、被相続人が亡くなった時点では相続財産となっていなかった、死亡保険金や死亡退職金などのことをいいます。みなし相続財産には、「500万円×法定相続人の数」の計算式で算出できる非課...

  • 遺産分割協議とは遺産分割協議とは

    遺産分割協議とは、相続権を持った人たちが全員集まった上で遺産の分割方法を話し合う会議のことをいいます。相続が発生したら、まずは相続人と相続財産の調査を行ない、「法律上は、だれが相続することになっ...

  • 土地の相続手続き方法土地の相続手続き方法

    あなたが土地を相続する場合、どのような手続きで相続が進められるのでしょうか。 ■相続開始 被相続人が亡くなると、相続が開始します(民法882条)。 ■死亡届提出 市区町村役場へ死亡届を提出し...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、プラスの財産もマイナスの財産もすべての相続財産の相続権を放棄し、遺産相続しない手続きのことをいいます。例えば、相続人の財産の中に借金や損害賠償債務などがあり、現金や預貯金、株式など...

アーチ日本橋法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 相続税の節税対策とは相続税の節税対策とは

    相続する財産の総額が数千万円単位以上になると、相続税の支払いが相続...

  • 遺産分割協議書とは遺産分割協議書とは

    遺産分割協議書とは、遺産分割協議を行なった相続人が協議内容を取りま...

  • 遺贈とは遺贈とは

    遺贈とは、遺言にもとづいて行なわれる財産の移転のことです。遺贈を受...

  • 相続譲渡とは相続譲渡とは

    相続譲渡とは、遺産分割協議の前に法定相続人となっている人が自分の相...

  • 相続税の物納制度相続税の物納制度

    相続税は納付期限までに現金で納めることが原則となっていますが、納付...

  • 遺留分・遺留分減殺請求とは遺留分・遺留分減殺...

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることができる相続分のことで、...

  • 遺言作成の注意点遺言作成の注意点

    自筆証書遺言や秘密証書遺言など自分ひとりで遺言内容を作成できる遺言...

  • 相続税評価額とは相続税評価額とは

    相続が始まると、遺産分割協議や相続登記などの法律手続きの他に、相続...

  • 遺言遺言

    遺言には大きく分けて2つの種類があり、普通方式の遺言と特別方式の遺...

養子縁組と相続|公正書 遺言

ページトップへ