相続 登記 費用/アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)

遺言書の検認/相続 登記 費用

  1. アーチ日本橋法律事務所TOP >
  2. 相続 登記 費用
相続 登記 費用に関する基礎知識記事や事例

相続 登記 費用に関する記事は一時的に表示しておりません。
相続 または 登記 または 費用に関する記事を表示しております。

相続 または 登記 または 費用に関する基礎知識記事や事例
  • 遺言書の検認遺言書の検認

    遺言書の検認は、自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見したときに必要な手続きです。遺言書は遺言者の最期の意思表示として、誰に何を遺贈・相続するのかを決めたり、子に認知を行なったりする重要な書類となるた...

  • 遺言遺言

    遺言には大きく分けて2つの種類があり、普通方式の遺言と特別方式の遺言に分けられます。 普通方式の遺言には「自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言」があり、一般的には普通方式の遺言を作成します。...

  • 相続税の申告相続税の申告

    相続税の申告・納税は、相続の開始を知ったとき(通常は、被相続人が亡くなったとき)から10か月以内に行なう必要があり、申告書を準備して税務署に申告するとともに、申告した相続税を納付します。相続税の...

  • 相続税評価額とは相続税評価額とは

    相続が始まると、遺産分割協議や相続登記などの法律手続きの他に、相続税申告などの税務手続きも行う必要があります。 税務申告を行うとなれば、相続人が受け取った財産の相続を算定する必要があり、そのた...

  • 田舎の土地を相続する田舎の土地を相続する

    田舎にある農地を相続した場合には、農地法第3条に基づく許可申請を行なう必要はありませんが、相続によって農地を取得した「届出」を行なう必要があります。この届出は特に難しい手続きではなく、農業委員会...

  • 任意売却任意売却

    相続の際に任意売却の問題が同時に発生することがあります。例えば、マンションの一室を自宅として住宅ローンを組んで夫婦の名義で所有していたところ、夫が先に亡くなってしまい、一人でマンションに住むには...

  • 相続の範囲相続の範囲

    相続財産の範囲には、不動産や現金などのプラスの財産だけではなく、借金や損害賠償債務などのマイナスの財産も含まれます。そのため、相続するか否かを検討する際には、プラスの財産のほうが多いのか、マイナ...

  • みなし相続財産とはみなし相続財産とは

    みなし相続財産とは、被相続人が亡くなった時点では相続財産となっていなかった、死亡保険金や死亡退職金などのことをいいます。みなし相続財産には、「500万円×法定相続人の数」の計算式で算出できる非課...

  • 遺産分割協議とは遺産分割協議とは

    遺産分割協議とは、相続権を持った人たちが全員集まった上で遺産の分割方法を話し合う会議のことをいいます。相続が発生したら、まずは相続人と相続財産の調査を行ない、「法律上は、だれが相続することになっ...

  • 遺産分割の調停・審判とは遺産分割の調停・審判とは

    遺産分割の際、話し合いではどうしても決着がつかないケースがあります。そういった場合には、家庭裁判所の遺産分割調停・審判の手続きを利用することができます。遺産分割調停では調停委員が双方の話を聞いて...

アーチ日本橋法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 兄弟姉妹の遺留分について兄弟姉妹の遺留分について

    遺留分とは兄弟姉妹以外の相続人に認められている最低限度の遺産の取り...

  • 遺言書とは遺言書とは

    遺言書とは、遺言者の人生最後の意思表示で、自分の財産の処分や子の認...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることのできる相続分のことで、...

  • 相続の範囲相続の範囲

    相続財産の範囲には、不動産や現金などのプラスの財産だけではなく、借...

  • 養子縁組と相続養子縁組と相続

    相続の際に養子縁組をして法定相続人を増やすことがあります。これは、...

  • 遺言書の検認遺言書の検認

    遺言書の検認は、自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見したときに必要な手...

  • 遺贈とは遺贈とは

    遺贈とは、遺言にもとづいて行なわれる財産の移転のことです。遺贈を受...

  • 相続した不動産を売却するときのポイント相続した不動産を売...

    不動産を売却して相続することを「換価分割」といいます。換価分割では...

  • 特別受益と寄与分特別受益と寄与分

    相続人のなかに、被相続人から特別に生前贈与を受けたり、遺贈を受けた...

遺言書の検認|相続 登記 費用

ページトップへ