遺言書 作成/アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)

養子縁組と相続/遺言書 作成

  1. アーチ日本橋法律事務所TOP >
  2. 遺言書 作成
遺言書 作成に関する基礎知識記事や事例
  • 養子縁組と相続養子縁組と相続

    相続の際に養子縁組をして法定相続人を増やすことがあります。これは、主に相続税の基礎控除額を増やす相続税対策として行なわれる方法で、被相続人の孫などを被相続人の子にする養子縁組を行なうことが一般的...

  • 秘密証書遺言とは秘密証書遺言とは

    秘密証書遺言とは、公証人役場で遺言書の存在のみを認めてもらう遺言書です。公正証書遺言と同じように公証人役場へ行って手続きを行ないますが、遺言の内容自体を公証人に依頼して作成するわけではなく、自分...

  • 共有名義の土地・不動産の相続共有名義の土地・不動産の相続

    土地や不動産を、複数人で共同して所有することを「共有」といいます。これを登記すると、共有名義の不動産となります。 例えば、夫婦で土地と建物を共有している場合に、一方が亡くなったときは、相続によ...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、プラスの財産もマイナスの財産もすべての相続財産の相続権を放棄し、遺産相続しない手続きのことをいいます。例えば、相続人の財産の中に借金や損害賠償債務などがあり、現金や預貯金、株式など...

  • 相続税の申告相続税の申告

    相続税の申告・納税は、相続の開始を知ったとき(通常は、被相続人が亡くなったとき)から10か月以内に行なう必要があり、申告書を準備して税務署に申告するとともに、申告した相続税を納付します。相続税の...

  • みなし相続財産とはみなし相続財産とは

    みなし相続財産とは、被相続人が亡くなった時点では相続財産となっていなかった、死亡保険金や死亡退職金などのことをいいます。みなし相続財産には、「500万円×法定相続人の数」の計算式で算出できる非課...

  • 相続人の欠格・排除相続人の欠格・排除

    相続欠格とは、相続人としてふさわしくない行動をした人を相続人として認めないことをいいます。相続欠格となる理由である相続欠格事由は民法第891条に定められており、例えば、被相続人を殺害しようとした...

  • 土地の相続手続き方法土地の相続手続き方法

    あなたが土地を相続する場合、どのような手続きで相続が進められるのでしょうか。 ■相続開始 被相続人が亡くなると、相続が開始します(民法882条)。 ■死亡届提出 市区町村役場へ死亡届を提出し...

  • 遺言作成の注意点遺言作成の注意点

    自筆証書遺言や秘密証書遺言など自分ひとりで遺言内容を作成できる遺言書を遺すときには、遺留分に注意が必要です。遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることのできる相続分のことで、相続欠格などがない限...

  • 代襲相続とは代襲相続とは

    代襲相続とは、法定相続人となるはずだった人がすでに亡くなっているときに、その子や孫が相続をする制度です。代襲相続の制度は、相続順位が第一順位の直系卑属への相続や、第三順位の兄弟姉妹へは適用されま...

アーチ日本橋法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 相続税の時効相続税の時効

    相続税とは原則、相続開始(被相続人の死亡した次の日)から10か月以...

  • 相続の範囲相続の範囲

    相続財産の範囲には、不動産や現金などのプラスの財産だけではなく、借...

  • 生前贈与生前贈与

    相続税対策の一環として生前贈与を行なうことがありますが、生前贈与は...

  • 公正証書遺言とは公正証書遺言とは

    公正証書遺言とは、公証人役場で公証人に依頼して作成する遺言書です。...

  • 遺言書にはどんな効力があるか遺言書にはどんな効...

    遺言書には、だれにどの財産をどれくらい渡すかを記しておくことができ...

  • 成年後見制度を利用するメリット・デメリット成年後見制度を利用...

    ■成年後見制度を利用するメリット 成年後見制度を利用するメリットと...

  • 秘密証書遺言とは秘密証書遺言とは

    秘密証書遺言とは、公証人役場で遺言書の存在のみを認めてもらう遺言書...

  • 遺産分割協議書とは遺産分割協議書とは

    遺産分割協議書とは、遺産分割協議を行なった相続人が協議内容を取りま...

  • 寄与分とは寄与分とは

    寄与分とは、被相続人の財産の維持や増加に特別に貢献した相続人に与え...

養子縁組と相続|遺言書 作成

ページトップへ