遺贈 相続/アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)

相続人の欠格・排除/遺贈 相続

  1. アーチ日本橋法律事務所TOP >
  2. 遺贈 相続
遺贈 相続に関する基礎知識記事や事例
  • 相続人の欠格・排除相続人の欠格・排除

    相続欠格とは、相続人としてふさわしくない行動をした人を相続人として認めないことをいいます。相続欠格となる理由である相続欠格事由は民法第891条に定められており、例えば、被相続人を殺害しようとした...

  • 配偶者居住権とはどんな制度?配偶者居住権とはどんな制度?

    配偶者居住権とは、どのような趣旨の制度なのでしょうか。まずはこちらの事例をお読みください。 被相続人Aが亡くなり、妻である相続人Xと、その子である相続人Yがいるとします。AとXは夫婦である...

  • 遺言書の検認遺言書の検認

    遺言書の検認は、自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見したときに必要な手続きです。遺言書は遺言者の最期の意思表示として、誰に何を遺贈・相続するのかを決めたり、子に認知を行なったりする重要な書類となるた...

  • 遺言作成の注意点遺言作成の注意点

    自筆証書遺言や秘密証書遺言など自分ひとりで遺言内容を作成できる遺言書を遺すときには、遺留分に注意が必要です。遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることのできる相続分のことで、相続欠格などがない限...

  • 遺贈とは遺贈とは

    遺贈とは、遺言にもとづいて行なわれる財産の移転のことです。遺贈を受ける人は法定相続人である必要はなく、遺言者が財産を遺贈したいと考える個人はもちろん、法人にも財産を与えることが可能です。また、遺...

  • 法定相続分とは法定相続分とは

    法定相続分とは、民法で定められた相続分のことで、被相続人との関係によって相続分が異なります。 例えば、配偶者と相続順位が第一順位の直系卑属が相続を行なう時には、相続財産のうち、配偶者が2分の1、...

  • 特別受益と寄与分特別受益と寄与分

    相続人のなかに、被相続人から特別に生前贈与を受けたり、遺贈を受けたことがある人がいた場合、相続の際に他の相続人と不公平が生じることがあります。この特別に受けた生前贈与や遺贈のことを「特別受益」と...

  • 遺言書にはどんな効力があるか遺言書にはどんな効力があるか

    遺言書には、だれにどの財産をどれくらい渡すかを記しておくことができます。最も利用されている遺言書の形式は「自筆証書遺言」と呼ばれる方式のものです。 遺言書には8つの効力があります。 ① 遺贈に...

アーチ日本橋法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 遺言作成の注意点遺言作成の注意点

    自筆証書遺言や秘密証書遺言など自分ひとりで遺言内容を作成できる遺言...

  • 遺留分の計算方法遺留分の計算方法

    遺留分は、「遺留分の基礎となる財産の価額」に個別的遺留分割合を乗じ...

  • 寄与分とは寄与分とは

    寄与分とは、被相続人の財産の維持や増加に特別に貢献した相続人に与え...

  • 相続登記(不動産の名義変更)とは相続登記(不動産の...

    相続登記とはどのような手続きなのでしょうか。まずはその意義、メリッ...

  • 遺言書にはどんな効力があるか遺言書にはどんな効...

    遺言書には、だれにどの財産をどれくらい渡すかを記しておくことができ...

  • 相続税の申告相続税の申告

    相続税の申告・納税は、相続の開始を知ったとき(通常は、被相続人が亡...

  • 相続税の時効相続税の時効

    相続税とは原則、相続開始(被相続人の死亡した次の日)から10か月以...

  • 相続税の延納制度相続税の延納制度

    相続税の納付期限は、申告の期限と同じく、相続の開始を知ったとき(通...

  • 土地の相続手続き方法土地の相続手続き方法

    あなたが土地を相続する場合、どのような手続きで相続が進められるので...

相続人の欠格・排除|遺贈 相続

ページトップへ