遺言書の検認/アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)

アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)|遺言書の検認

  1. アーチ日本橋法律事務所TOP >
  2. 遺言書に関する記事一覧 >
  3. 遺言書の検認
遺言書の検認

遺言書の検認は、自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見したときに必要な手続きです。遺言書は遺言者の最期の意思表示として、誰に何を遺贈・相続するのかを決めたり、子に認知を行なったりする重要な書類となるため、遺言者以外の人の偽造や改変などがあってはなりません。そこで、遺言者が亡くなった後に自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見した場合には、開封することなく家庭裁判所に持参し、検認手続きを取らなければなりません。検認手続きは、遺言書の偽造や改変を防止するための手続きで、相続人全員立ち合いのもと、家庭裁判所で遺言書が開封されます。遺言内容に不備がない場合は、原則として遺言書に従って、その後の遺産相続を進めていきますが、遺言書に記載のない相続財産があるなど特別な事情がある場合には遺産分割協議で遺言書に記載のない事項について決めていきます。また、公正証書遺言は、公証人役場で作成し、遺言者の自宅などのほかに、公証人役場と公正証書倉庫にも保管されている遺言書であることから、偽造や改変の恐れがなく、亡くなった後の検認は必要ありません。
アーチ日本橋法律事務所では、江戸川区の相続相談室をお探しの方、大田区の相続相談室をお探しの方、葛飾区の相続相談室をお探しの方など東京都周辺にお住まいで、遺言作成などにお悩みの方のお手伝いを行なわせていただきます。相続トラブル、相続手続き、遺言書の作成など幅広く対応しておりますので、詳細はお気軽に当事務所までご相談ください。

アーチ日本橋法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 任意売却任意売却

    相続の際に任意売却の問題が同時に発生することがあります。例えば、マ...

  • 兄弟姉妹の遺留分について兄弟姉妹の遺留分について

    遺留分とは兄弟姉妹以外の相続人に認められている最低限度の遺産の取り...

  • 遺言作成の注意点遺言作成の注意点

    自筆証書遺言や秘密証書遺言など自分ひとりで遺言内容を作成できる遺言...

  • 田舎の土地を相続する田舎の土地を相続する

    田舎にある農地を相続した場合には、農地法第3条に基づく許可申請を行...

  • 相続不動産を任意売却相続不動産を任意売却

    住宅ローンの残債期間が残ったままご家族が亡くなった場合、相続人は相...

  • 遺産相続の期限とは遺産相続の期限とは

    遺産相続にはいくつかの期限が存在します。最も早い期限が、単純承認・...

  • 遺産分割協議書とは遺産分割協議書とは

    遺産分割協議書とは、遺産分割協議を行なった相続人が協議内容を取りま...

  • 相続の範囲相続の範囲

    相続財産の範囲には、不動産や現金などのプラスの財産だけではなく、借...

  • 遺留分・遺留分減殺請求とは遺留分・遺留分減殺...

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることができる相続分のことで、...

遺言書の検認|アーチ日本橋法律事務所(東京都/中央区)

ページトップへ